お米の炊き方と
保管方法

ご飯の味と香りは、
お米と水と炊飯器と炊き方で決まります。

no1

米と水の割合

米1.5Kg=1.8L=1升=10合

no2

最適な炊飯容量

最も美味しいと言われるのは釜の8割炊きまでです。

no3

洗米及び研ぎ

  1. 手早く水を加え、かき混ぜて水を捨てて糠を洗い流します。
  2. 新しい水を1度に入れて、また洗い、また流します。
  3. これを3~4回繰り返します。

乾燥した米は水を吸収しやすくその時に糠のにおいも一緒に吸い込んでしまうので最初の1~2回は手早くかき混ぜ、素早く水を捨てるのがコツ。
水は別の容器に用意しておきます。

米を研ぐにも力を入れてゴシゴシせず、かるくかき混ぜる程度で十分です。

力を入れすぎると米が割れたりキズが付き、炊き上がりのごはんが黄色くなる原因となります。

no4

侵浸時間は30分~120分

これを省略するとボソボソした芯のあるご飯になります。
(炊き込みご飯などをする場合は侵漬後に調味料を入れます。)

冷たいお水(水道水)で炊くと炊き上がりのごはんが美味しくなります。

夏季は水温が高くなります。
特にゴールデンウィーク時期は水温差があるので注意してください。

no5

スイッチをもう一度入れる

スイッチが切れて5分ほどしたら、もう一度スイッチを10~15秒入れると余分な水分が飛んで美味しく蒸らすことができます。

no6

蒸らし時間10分~15分

ふっくらして、ツヤが出ます。

no7

保温器へ移す

フタの上の水滴をご飯の上に落とさないように。
木しゃもじで、底の方から上へと返して全体に空気に当てます。
しゃもじは縦に動かして飯粒がつぶれないようにします。
おひつに移さない場合は混ぜ合わせから水滴が落ちないように乾いたふきんをかけてからフタをします。

炊飯器のゴムパッキンはこまめに洗ってください。洗い残しは細菌の繁殖につながり、ご飯が黄色く変色する原因となります。

no1

匂いのするものを
そばに置かないこと!

洗剤や油、床ワックス等、有臭物で食品以外のものは異臭として精米につきます。

no1

米袋には
絶対に水をかけないこと!

ポリ袋には微細な穴があいています。冷凍ドリップや洗い流しから飛び散る多少の水によっても、ポリ袋のピンホールを通して侵入し、カビの原因になります。

no1

水蒸気が大量に発生する場所は避けること!

高温、多湿は精米の劣化速度を早めます。

no1

冷蔵庫のそばは、
避けること!

冷蔵庫の周りは、高温になるため乾燥しやすく、精米のヒビ割れ現象を起こす原因となります。

no1

米袋を直射日光に
あてないこと!

ヒビ割れや水分不足の原因となり、洗米中の砕米発生や花の咲いたご飯の原因となります。

no1

美味しく食べられる期間が
あります!

品質を保つ期間は、冬場なら2~3ヶ月、春秋は1ヶ月、夏場は2~3週間といわれています。

PageTop